技能教習のキャンセル待ちについて

キャンセル待ちの行列に並ぶ男女

技能教習のキャンセル待ちの仕組みと、早く卒業するためのコツ

 

※ キャンセル待ちとは?予定をキャンセルした人の替わりに飛び入りで技能教習を受けることができるシステムです。
技能教習のキャンセル待ちのポイント

  1. 運転免許ローンを利用する人には技能教習の予約幅を多くする教習所があります。
  2. 入所から卒業まで一括予約プランが取れる教習所もあるので、それを利用してプラン通りに教習所に通えば、まずキャンセル待ちは必要ありません。
  3. 繁忙期はキャンセル待ちの希望者が多く、公平を期すためにくじ引き抽選等を行い整理券順にキャンセル待ちを記入する教習所もあります。

 

私が教習所で勤務していた頃に一番混雑している時期は1月から3月でした。

メンキヨ教官が事務管理の業務をしていた時にあった話なのですが、

生徒さん:「教習所に入って技能の予約がなかなか取れません」

メンキヨ教官:「混雑している今の時期は他のみんなも君と同じように、自動車免許を早く取りたいと考えているんだよね」

そうなんです。卒業の後の春休みや、これからの進路の転換、引越しなど環境が変る時期は免許を取りたいと思う人が多く、そういった節目や春夏休みの期間は教習所がどうしても混雑するのです。

しかし、教習所に入所した全員が順調に流れていくように思うかもしれませんが、実はその中の数十パーセントの生徒さんは「技能教習を遅刻した。」「他の予定があり、教習所に来られなかった。」「教官に強く怒られ教習所にいくのがおっくうになる。」などの事情によりなかなか予約をしないというような現象が起きてしまいます。

また、自動車教習にはその学習期限があり、普通自動車免許の場合、8ヶ月以内に免許を取らなければいけないのです。

 

そこで、当時のメンキヨ教官はその生徒さんに下記の様に訪ねました。

  1.  まず教習所に来られる予定を教えてください。
  2.  免許の欲しい理由を教えてください。何故欲しいのかゆっくり話し合いましょう。
  3.  怖い教官がいるのなら専門チームで教習をしましょう。

等々、場合によってはその人の予定に合わせてスケジュールを組み直したりすることもありました。

 

とにかく、何でも困ったことがあれば教習所はその人の事情を相談できる余地があると思います。是非、勇気を出して相談窓口に声を出してみて下さい。

 

追記として、もし混雑してても早く取れるコツとしては

  1. まずは「免許をどうしても取りたい!!」という気持ちを強く持つ。
  2. 免許への興味を大きく持ちましょう。
  3. その結果、混雑していても早く卒業していく生徒さんもいるんです。少々、大変かと思いますが、早く卒業できる人のパターンを見ると、
    • 朝から晩まで毎日気が付いてみるといつもその生徒は教習所のフロアーにいる。
    • キャンセル待ちをフル活用する(生徒は何かの事情でキャンセルをする。その一瞬のタイミングを見逃さない)
    • 事務員や教官たちのフレンドリーシップを忘れない。(どうせ免許取るなら楽しく取ろう)

どんな方法であっても地道な方法と体力は必要と覚悟を決めて、ほんの少しだけ勇気を出して挑戦してみてはいかがでしょうか?

頑張りましょう!