運転免許ローンについて

運転免許を取得する為にどのような費用がかかるのか?

 

 

まずは費用の内訳をピックアップしてみましょう

  1. 入所金 (いわば権利金みたいなもにでは?)
  2. 学科料金
  3. 技能料金(普通免許マニュアル・・・ギア付き普通車の免許 技能教習 31時限最短)
  4. 効果測定料金(本番学科試験前の学科授業効果の確認テスト)
  5. 検定料金(学科・技能教習終了後教習所内で行う実技試験)
  6. 証明書作成代金 (卒業証明書、修了証明書・・・仮免申請の時に必要な書類)
  7. 写真代 (教習所内写真装置で撮影する関係で おそらく写真持込は不可と思います。)
  8. その他資料印刷代

このような内訳で教習所により金額は前後しますが、概ね28万強程度と推測します。
これだけの費用を一括で支払うのは、運転免許取得の適齢期である若い人達には、生活の上で非常に負担がかかることのように感じます。

そんな若い人達の負担を軽くしてくれるのが運転免許ローンなのです。

 

 

次に運転免許ローンを使用することのメリットを考えてみましょう

  1. 免許を取る年齢が普通車の場合、18歳以上ということもあり、ローン会社によっては18歳以上であればローン適合審査がOKになる利点があります。
  2. お支払いも本人の都合でカスタマイズできる特徴があります。
  3. ローンを組んでいる人に予約の保有数が多くなるメリットがある教習所もあります。
  4. 審査は申込書類を記入、提出後に早い所ではその場で審査確認の連絡があり、即日でローン手続き可能というローン会社もあります。

 

 

教習資金を工面できないBさんの相談事例

教習所に通って自動車の免許を取得しようと意気込んでいたBさんがいましたが、Bさんは大学も自費で通っている苦学生であったため、アルバイト代はすべて学費と生活費に消化され、自動車の運転免許を取ることが非常に難しい状態でしたが、希望の業界への就職活動を有利に進めるために、どうしても教習所に通いたいと悩んでいました。

 「予算の都合でなかなか教習所に入所できない、なにか良案はないだろうか?」

 

ユニフォーム姿のメンキヨ先生そこでメンキヨ先生のアドバイス

 

まず教習所のプランにも様々なものがあります。

  1. セットパックプランによってはいくらダブっても超過料金が取られない請負パックのある教習所もある。
  2. 教習所に行かずペーパードライバー教習所のような未公認の教習所で必要なだけ運転練習をしてできるだけ独学で勉強して試験場にて仮免と本試験を受験して免許を取る(この方法は独学ということもあって相当の勉強力が必要になりますが時間と体力が必要ですが、努力次第で費用はかなり安くなると思います。)
  3. おなじみとなりますが、事前にローンを組んで教習をお受けになって頂くのも一つの方法だと思います。